top of page
  • 執筆者の写真Yukie Hatakeyama

節分 - 豆まきを知る


春が近づくと、豆の用意をして節分の準備をします。  「節分とは一体どんなもので、なぜ豆が必要なのか」について、みなさんが今疑問に思っていることかもしれません。節分は季節の分かれ目を意味し、太陰太陽暦では立春の初日の前日を祝うことです。  今年は2月3日が節分にあたります。  この祝日の背後にある目的は、邪気を払って幸運を呼び込むことがあります。まだ豆については説明していませんね。  もっと深く掘り下げてみましょう。 



豆をまくことを意味する豆まきという風習があります。  豆まきでは、人々が「鬼は外、福は内!」と掛け声に合わせ玄関から炒り豆をまきます。  豆は単に玄関からまく人もいれば、家族の中の一人に鬼の衣装を着せて、鬼に向かって豆を投げる家庭もあります。  鬼が逃げた後は、幸運と健康のために自分の歳の数だけ豆を食べます。  鬼に投げた豆は食べないよう気をつけましょう。



地域によっては、恵方巻という通常より大きい太巻を、その年の十干に基づく吉方位に向いて無言で食べるという風習があります。  2024年の吉方位は、東北東です。恵方巻の「恵(めぐみや優しさ)」、「方(方角)」、また「巻(福を巻き込む)」で構成される恵方巻は、様々な具材が詰め込まれており、冬の終わりを迎える節分の夕方に食べられる太巻寿司です。


恵方巻の最も重要なことは、独特の食べ方です。


1. 恵方巻は、切らないようにします。それは縁起が途切れてしまう恐れがあるからです!食べ出したら一気に食べることです。


2.恵方巻を食べる際は、徳神がいらっしゃる方角に向かい、目をそらさないようにします!


3.無言で食べます!話しながら食べると運が逃げてしまうと言われています。幸福のために、食べ終えるまで無言で食べましょう。


上記三点の注意点に気を付けて、恵方巻をお楽しみください!


出典:



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page