top of page
  • 執筆者の写真Yukie Hatakeyama

日本の春分の日



日本の春分の日. 北半球にお住いの場合、今日は春分の日(昼夜平分時)となります。  これら用語は、夏の間の夏至とは無関係です。  私達のように、それが何を意味するか分からない場合は、別の言い方をすると春が訪れたということです。  ‘equinox’がラテン語ということをご存知ですか?  ‘Equal(等しい)’と ‘night(夜)’を意味します。  春分の学術的な面をよく知らない方は、少し科学的にここで掘り下げてみましょう。  



地球には北半球と南半球の2つの半球があります。  1年のたいていの期間、太陽は地軸の傾きによって、太陽光が半球に不均等に照たります。  その状況が、春分に変化します。  ABCは、「地軸と軌道は、自転軸は太陽に対して垂直になり、 両方の半球が同じ量の太陽光を受ける」(ABC)と説明しています。  半球が同じ量の太陽光を浴びることに加えて、昼と夜の長さが等しくなる 「春分」 という言葉が登場します。 



日本では、春分の日と秋分の日は国民の祝日です。お彼岸は、人々がご先祖様を偲ぶ仏教の祝日で、春と秋の彼岸と密接に関係しています。「春分の日」と「秋分の日」を挟んだそれぞれ前後3日間行われます。お彼岸の精神的な側面に加えて、日本では春が非常に重要な季節となっています。



お花見は、春の間のみに咲く桜を見て楽しむ伝統行事です。  美しい花を見るだけではなく、公園に行って木の下でピクニックをするのが一般的です。  桜は日中や月明かりで美しく咲き誇り、この美しい桜は3月から4月にかけて日本の主要な観光名所になります。


桜を見ながら日光を浴びて、セロトニンの量を増やしましょう。


幸せな春の季節をお過ごしください!


出典:


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page