top of page
  • 執筆者の写真Yukie Hatakeyama

10月16日は、世界食料デーです。



世界中の数約万人が、清潔な水や食料を手に入れることができません。  これは、全ての国に影響を及ぼす問題です。  国際社会の注目を集め、この問題に対処し変化をもたらすために、国連は1945年10月16日、国連食糧農業機関を設立しました。


「国連食糧農業機関(FAO)は、飢餓撲滅のために国際的な取り組みを主導する国連の専門機関です。」(国連食糧農業機関、2023年)  世界食料デーは、食料の重要性と、すべての人が栄養価の高い食料を入手できるよう、その取り組みの重要性に対する認識を高めるものです。





FAOの主要な三つのゴールは、


  • 飢餓、食料不安及び栄養失調の撲滅;

  • 貧困の削減と全ての人々の経済・社会発展;

  • 現在及び将来の世代の利益のための土地、水、気候、遺伝資源を含む天然資源の持続的管理と利用



毎年、テーマは最も差し迫った問題を反映するために変更されます。  2023年のテーマは、「Water is life, water is food(水は生命であり、そして食にかかせません)」。


世界食料デーの詳細については、こちらから公式ウェブサイトをご確認ください。 here

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page