top of page
  • 執筆者の写真Shoji Hattori

花見-2024年日本の桜の見頃と場所



春が訪れ、花々が咲き乱れ、季節性うつ病が緩み、日本は花見の季節を迎えようとしています。スターバックスの桜のイベントはもう終わってしまいましたが、花見は友達や家族と集まる、春に行われる人気の娯楽です。桜を見ながら散歩したり、食べ物や飲み物、またゲームなどを楽しみます。  




桜の花は、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)という女神を表しているといわれています。


SavvyTokyoによると、「日本最古の歴史的記録である古事記は700年代のもので、富士山の守護神であった美しい神話の女神が描かれていて、桜の花が咲くと、神が山から下りてきて、田植えの時期になったという合図であった。」 




日本はかつて、中国の文化や伝統を研究するために使節を中国へ派遣していました。 日本が注目した伝統のひとつが花見だといえます。 中国では梅の花を観賞していました。中国へ日本の使節を送り込むのをやめると、日本は独自の伝統を育むようになりました。812年に嵯峨天皇が神泉苑で行った花宴之節(かえんのせち)が、記録に残る最初の花見とされています。嵯峨天皇は、清水寺近くにある、地主神社の桜を大変気に入り、毎年、地主神社に桜を献上させていたといわれています。観桜の宴は、天皇主催の宮中の恒例行事となり、貴族の間でも桜の花見が盛んに行われていたとされています。(一部SavvyTokyoより)




今日でも私たちは花見を楽しみ、花見は、美しい日本の文化の一部であるといえます。「春」というのは、かなり広い意味の言葉であるので、いつ花見にいけばよいかを知るのは、難しいと思います。でも心配はいりません。桜の開花予想があるので、特定の地域の桜の開花時期を大まかに知ることができます。




ソース:


https://livejapan.com/en/article-a0001033/ (When and where to see Sakura cherry blossoms Japan 2024)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page