top of page
  • 執筆者の写真Yukie Hatakeyama

建国記念日


2月11日は、日本の国民の祝日で建国記念日です。  この重要な日の背景にある歴史を深く掘り下げてみましょう。  当時、多くのアジア諸国のように、日本は太陰暦を使用していました。  1873年、グレゴリオ歴を日本は採用し、重要な祝日を新しい日付に組み替え始めました。  


これら重要な日付の中に、日本の初代天皇である神武天皇の即位がありました。  新暦に基づくと、即位は2月11日に行われました。  この日は、紀元節と呼ばれ日本国民の自尊心を抱かせる意味もあったのです。  そこにはパレードや競技会、また公開の展示がありました。




紀元節は、1948年に廃止となりましたが、1966年に新たな祝日として再度適用されるようになりました。  1967年2月11日が最初の建国記念日でした。  現在、広く祝われている訳ではありませんが、この日は日本人にとって国を祝い、国民の祝日として休息する日となっています。


Sources



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page