top of page
  • 執筆者の写真Shoji Hattori

日本のバレンタインデー




私たちは、バレンタインデーとその伝統をよく知っています。日本独自のバレンタインデーがあることをご存じでしょうか。日本独自のバレンタインデーの違いをご説明する前に、伝統的なバレンタインデーのお祝いの仕方についてご説明します。


子供の頃にバレンタインデーのプレゼントを贈るといえば、何を思い浮かべるでしょうか。もしあなたが、私たちのようであれば、家族や友人にカードを贈ったり、受け取ったりすると思います。もしあなたが10代であれば、恋人や片想いの相手、あるいは友達からカードやチョコレートもしくは花を贈ったり、受け取ったりします。一般的には、男性も女性も子供も、プレゼントを贈ったり、受け取ったりする日です。





日本では、今でも主にチョコレートをプレゼントとして贈りますが、女性にだけです。この伝統は、かなり新しいものなので、その裏話を掘り下げてみましょう。 


ジャパンタイムズ紙によると、バレンタインデーが日本に紹介された1930年代に、神戸の菓子メーカーであるモロゾフ社は、外国人を惹きつけるためにバレンタインデーを利用したそうです。モロゾフ社は、1953年までハート型のチョコレートを製造していませんでした。ハート型のチョコレートに切り替えた後、他社の菓子製造メーカーもそれを作るようになり、祝日として人気になりました。さまざまな背景を持つ人々が参加するにつれて、祝日の人気が高まりました。いつしか、製菓店でチョコレートを購入し続けるだけでなく、手作りチョコレートの人気も高まっていきました。


どのようにして女性だけにチョコレートを贈るようになったのか、正確な理由は誰も知り得ませんが、翻訳ミスが原因だと考える人は多いようです。女性の皆さん安心してください、ホワイトデーには、男性からのお返しがあります。市販のチョコレートを購入するにしても手作りチョコレートにしても、チョコレートの種類や贈る際のルールに至るまで、多くのルールがあります.





バレンタインデーの日に、チョコレートを贈るにあたって、5つのチョコレートの種類があります。


giri-choco (ギリチョコ),

honmei-choco (本命チョコ),

jibun-choco (自分チョコ),

tomo-choco (友チョコ),

and gyaku choco (逆チョコ). 


義理チョコは、基本的に義務的なチョコレートです。男性の家族、友人、同僚、そして上司などに感謝の気持ちを表すために、贈ります。


本命チョコは、一番好きなチョコレートを意味します。この類のチョコレートは、彼氏であったり、夫もしくは友達以上恋人未満の関係にしか贈りません(🤷🏾‍♀️私たちは、判断しません)。


自分チョコは、日頃頑張っている自分へのご褒美です。 


友チョコは、女友達に贈るチョコレートです。通常、高価で手の込んだものであり、男性から離れて楽しむという意味があります。


最後に、男性から女性に贈られる、珍しい逆チョコがあります。





ご想像の通り、チョコレートを買ったり、自分で作ったりする相手の一覧は、少々大変かもしれません。日本の女性は、上司や同僚にプレゼントを購入する際、相手の気を悪くさせないように、プレッシャーを感じると言っています。そのため、近年では、そのプレッシャーを避けるため、チョコレートを贈ることを禁止としている企業もあり、職場での義理チョコは、一般的ではなくなってきています。


情報源




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Bình luận

Đã xếp hạng 0/5 sao.
Chưa có xếp hạng

Thêm điểm xếp hạng
bottom of page