top of page
  • 執筆者の写真Yukie Hatakeyama

日本のホワイトデー



前回の記事「バレンタインデー」をお読みいただいた場合、この日にギフトを贈るのは女性のみでしたね。  私のようにバレンタインデーがお互いにギフトをお互いに贈り合う国にお住いの方は衝撃的だったと思います。  なぜ女性だけがチョコレートを贈るのでしょうか?  こう思っていたのは私だけではありませんでした。  ホワイトデーがくると、日本ではお返しと呼ばれるギフトを贈る文化があります。  ホワイトデーはギフトを贈られた全員に男性がお返しをすることから、男女にとって公平になる日です。  しかし、「ホワイトデー」が認識される前は、「マシュマロデー」と呼ばれていたのです。  不思議な名前ですよね、本当でしょうか?  歴史を深く掘り下げてみましょう。



「Japan Wonder Travel Blog」によると、ギフト交換のきっかけを作ったのが福岡にある小さな菓子店です。  バレンタインデーが日本に導入されたのは1930年代ですが、ホワイトデーが誕生するまでにはおおよそ40年かかりました。  多くの人たちが女性だけがチョコレートを贈るのは不公平だと考えている中、福岡の菓子店が初めてそのアイデアを商業化したのです。  店のオーナーが女性誌の一通の手紙を目にしました。  「バレンタインデーに女性がチョコレートギフトを贈っても何もお返しを貰えないのです。 マシュマロさえ貰えればそれで幸せなのに」(Japan Wonder Travel Blog)  


オーナーは従業員と話し、多くの女性がこのように考えていることに気づき、3月14日に男性がお返しとしてギフトをお返しすることにしました。  バレンタインデーに伝統的なチョコレートを販売することに加えて、店のオーナーは、特別なマシュマロ菓子を作りました。後にそれがマシュマロの日となったのです。




ホワイトデーの日は、マシュマロやクッキー、またキャンディーを贈るのが一般的です。

 

マシュマロはもともと最も人気のある贈り物でしたが、その意味は変化しています。  もしマシュマロを3月14日に受け取ったなら、すぐになくなってしまうことから好意がないサインと見做されるのです。  クッキーは友情関係のサインです。  キャンディーは男性の好意を示しています。  


出典:



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page