top of page
  • 執筆者の写真Shoji Hattori

成人の日のお祝い




ようやく大人とみなされることは、10代の若者なら誰もが待ち望むことです。ある偉業を達成した時であれ、ある年齢に達した時であれ、どの国にも大人になることを記念する独自の方法があります。アメリカの文化に詳しい人であれば、18歳になると大人とみなされるのをご存じかと思います。これは法定選挙権年齢でもあります。


韓国では、19歳が成人の日です。日本では、2022年4月以前、法定年は20歳でした。18歳を成人年齢としている国の出身者や、18歳になったばかりで大人として見られることを楽しんでいる人は、その年齢で「子供」とみなされることを考えると、気が狂いそうになるに違いありません。社会的に大人になったすべての人を祝う「成人の日」について、もう少し深く考えてみましょう。



成人式は常に日本文化の一部であったが、現在の日本の伝統は、第二次世界大戦終結後の1946年、若者の気持ちを高揚させるための祭りとして始まりました。1948年に1月15日に制定され、各都道府県の祝日となりました。現在、成人の日は毎年1月の第2月曜日に行われます。この日は、一定の期間内に20歳になった人全員を祝い、祝福する日です。



アメリカの学年度は8月に始まり、日本は4月に始まります。成人の日がそれに一致します。

今年の成人の日は、2023年4月2日から2024年4月1日の間に20歳になった、または20歳になるすべての人が対象になります。この式を終えると、日本社会から正式に成人として見られます。タバコも酒もギャンブルもできるようになります。 2022年現在、成人年齢は18歳に引き下げられましたが、多くの都道府県では、20歳の成人式を継続することを選択しています。


東京エスク(海外市場調査)によれば、若者が成人の日を楽しみにしている主な理由のひとつは、美しく文化的に重要な服を着ることだそうです。女性は通常、振袖を着ます。振袖は 「未婚女性の着物 」として知られていますが、成人式で既婚女性が振袖を着るのは、大人になったという意味でまったく問題ありません。男性は通常、スーツか羽織袴を着用します。



これらの式典では、政府高官によるスピーチが行われるところもあります。これらのスピーチは、祝福の言葉とともに、大人としての新たな責任を再認識させる内容で構成されることが多いです。 式典が終わり、何枚もの写真が撮られた後、20歳の若者たちは神社に行き、成人後の健康と幸運を祈願します。



参考文献::



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page